中心市街地活性化

平成27年3月に、中心市街地活性化協議会を設立し、協議を重ねまとめた「伊勢市中心市街地活性化基本計画」(以下、「基本計画」)が平成28年3月15日に内閣総理大臣の認定を受けました。

中心市街地の活性化に関する法律により、国から様々な支援を受けることができます。これらを活用しながら、公共工事や民間事業など、様々な事業が盛り込まれた基本計画を着実に実行していきます。

中心市街地とは

数多くの小売商業者と市役所や駅、金融機関などの都市機能が集中している「市の中心」としての役割を担う場所をいいます。伊勢市では、伊勢市駅を中心とした、約153haが対象区域になります。

伊勢市中心市街地活性化基本計画の内容

基本計画に盛り込まれた様々な事業のうち、次の5つの事業に重きを置き、計画実現に向け、事業を推進していきます。

  • まちなか定住促進事業
  • 商店街活性化事業
  • 商店街等振興対策事業
  • 商店街空き店舗対策事業
  • まちなか案内事業

タイトルとURLをコピーしました